個人も法人もキャッシング

車で接触事故を起こしてしまった。

私は自分の車を運転してる際に、脇見運転をして道路横にある電信柱に接触してしまいました。ぶつかったときの速度は30キロ程度だったと思いますが、方向指示器やヘッドライト、バンパーが大きく反り上がっており、すぐに修理が必要な状態となったのです。

 

その時は、私は日雇いの仕事ばかりやっていたため、収入が不安定であり車の修理費用を捻出することができませんでした。現在の事情を昔に部活をやっていた時の先輩に話して、どうにかお金を借りることができました。

 

先輩にお願いをする際も結構恥ずかしかったので、今後は何かあったときのために貯金をする事を優先にしていきたいと思います。お金が余っているとすぐに飲みに行ったりしていたので、贅沢をしないように心がけようと思ったのです。

年下にお金を借りる事は信頼が必要

お金を借りる時、年下の人物に貸してというのはやや勇気がいりますよね。
私の知り合いは年下の異性から日常的にお金を借りていました。
お互いの信頼の上でお金の貸し借りを行なっているのだと伺え、
信頼している友達同士ならばお金の貸し借りに年齢などは関係ないのだな、と思えました。
お金を借りる事はつまりは自分にお金が無い、イコールお金の管理ができていない、
もしくは無計画にお金を使っている、それとも働いておらずに収入が無い、
身分不相応の生活をしている、といった原因がありますので、
一回お金を借りた後は自分の習慣を見直すことが大切です。
年下からお金を借りていた知り合いですが、今ではしっかりと働き、
自分の力で生活をし、お金を借りる事も無くなったようです。

カードを遠まわしに使ってみよう

遠まわしに使うクレジットの仕方は簡明です。
カードを経由して直接払えない販売品をそのまま買うという事ではなく、商品券を経由して買い上げしたらよりよいでしょう。

 

表現が明快なので、先に商品券のケースを用いて話してみたいと考えます。
ある個人がブランドカバンを使いたいと思案しているとします。

 

買いたい有名なコートを取り扱っているショップでは買おうとしてもクレジットカード使用で購入することができじないとします。

一方VISA、American Express、NICOSなどのギフトカードを使用すれば払う事を許してくれるという事です。
という事で例にあげようとしている男性はクレジットで商品カードを取り寄せした後でギフトカードを売っている店舗に訪ねクレジットを使用してMasterCard、Diners clubなどの商品券を注文するとします。

 

使ったクレジットカードを使用して買い付けたMasterCard、NICOSなどの金券を店に持参して向かい、手に入れたかった一流のバックを買ったとします。
「どうしてその個人はそうした煩わしい方法をしているの?」と思われるかもしれませんが、実際先ほど示した手段を使う事によって一般だったら獲得する事がないクレジットポイントが貯まります。
通常通り、現金を使う事で高価なアクセサリーを注文したりした場合であってもキャッシングポイントはゲットできませんし、MasterCard、NICOSなどの金券をキャッシュで購入後に駆使してもポイントは手に入れられません。
しかしながら上記で述べた事例、VISA、NICOSなどの商品券をカードで買ったという根拠により、価値のある服を買い取りしたケースとつりあう分のクレジットポイントが獲得できる事になります。

 

こういう事例が直接でないようにクレジットを用いた状態になっているので、直接でないクレジットカードと呼ばれる手法です。

法人向けのキャッシング

キャッシングといえばまず個人で手軽に借りれるサービスとしてイメージは高いですが、法人向けのキャッシング
サービスもあります。法人だと個人と違う点は、会社の情報さえあれば融資がおりるということです。審査にかかる
時間が短いのが特徴ですね。あとは借入金額にもよりますが、個人よりも金利は低いです。こういった面でも法人の
ほうにメリットを感じてしまいます。それでもリスクはつきもの、返済が遅れた場合、会社の経営も困難になっている
といえるので、全てが悪い方向に流れていきます。その返済にあてるために違うところで借金をするといったような
自転車操業をしはじめたら、今度は銀行系の取引が全部だめになってしまうということですね。法人だから個人だから
という区別はなく、どっちにしても返済のめどが立たなければどうにもなりません。ご利用は計画的にですね。

会社からお金は借りた方が便利

友達にお金を借りるのは、少し心が痛みます。
やはり人間関係にお金が絡むとトラブルの原因になりますし、
お金を借りること(貸すこと)に抵抗感を持っている人もいるわけです。

それは友達なので直接イヤだといってくれることはほとんどないですから、
イヤなイメージをもたれたまま関係が疎遠になっていくこともありえます。
やはり、お金はキャッシングなどの会社から借りた方が後くされも起こらず非常に快適です。

金利が高いという感覚を持っている人もいるかもしれませんが、1万円借りて翌月返済した場合の金利は200円もかかりません。
それくらいの気軽な金額でお金が借りられるわけですから、わざわざ人間関係を壊してまで借金を知り合いにする必要はないのです。